自ら手を伸ばすということ

こんにちは

心理セラピストのかねこ めぐこです。

 

広島でリトリーブサイコセラピーという心理療法で悩んでいる方の問題解決のお手伝いをしています。

 

心理セラピーをもっと身近に

あなたの人生を歩めるように

 

 

 

毎日灼熱の日々が続いていますね(;´Д`)

外に居るだけで汗が流れる。。。

吹いてくる風は熱風ですよね??

睡眠、水分補給、栄養、基本ですが大事です!

 

 

f:id:megukokaneko:20190804214143j:plain

 

あなたは「助けて」と言えますか? 

 

困ったことが起こった時

辛いことが起こった時

1人では対応が難しい時

自分の力が及ばないと感じた時

 

 

つまり

助けて欲しいと思った時

 

素直に助けてと言えますか?

 

 

助けて欲しいけど、忙しそうだから自分でなんとかしよう

助けて欲しいけど、このくらいで助けを求めるなんて情けないかな

助けて欲しいけど、みんなやってるのに私だけ出来ないっておかしいよね

助けて欲しいけど、自分でどうにかするしかないよね

 

 

 

そうやって自分の中で気持ちを完結させ

助けを求めることを諦めるか、先延ばしにし、

どうしようもうなくなったときにやっと助けを求める。

 

 

その頃には最初は簡単に助けれることであっても、

状況が悪化してしまっているということもよくある話ですよね。

そしてだいたいはそんな状況になってしまったから物事が発覚します。

 

なんとかなっているのなら、

そのまま1人で抱え続けることを選んでいっていますよね。

 

そんな時

すぐに言ってくれれば良かったのに!

こんな風になる前に言うチャンスはたくさんあったでしょう?!

と言われると何も言えなくなってしまうことがあります。

 

 

本人も

その通りなのは分かっているんです。

 

 

f:id:megukokaneko:20190609080657j:plain

 

 

助けを求めても拒否しませんか?

 

 

自己肯定感が低いことで

自分の存在が迷惑をかけるものと思っている

助けを求める自分はダメな人間だと周りから思われる

 

 

 

そしてもし本気で助けを求めたとき

もしも助けてもらえなかったら、

それは自分が相手にとって価値が無いということが表面化してしまう。

 

それが怖い 

 

 

 

過去の助けを求めても応えてもらえなかった経験から

助けを求めることを諦め

価値もない人間だと言われ

そんな評価を受け入れている

自分でさえも、自分には助けてもらえる価値がないと思う。

 

 孤独を思い知ってしまう

 

相手に怒られる

見捨てられる

馬鹿にされる

攻撃される

相手を信頼出来ない

相手が怖い

 

助けを求めなければ

そんな気持ちに気付かずにいられるのです。

 

 

だから耐えられるだけ耐えられるまで自分を我慢させ続ける人生です。

 

f:id:megukokaneko:20190804214824j:plain

 

私の中で何が起こっているのだろう?

 

 

自分の中の自分の存在価値

自分に対する前提の世界観

他人に対する信頼感

現状を変えたいという気持ち

今自分が置かれている状況に対する冷静な視点

問題の整理

 

 

恐怖で思考を支配されている時には

頭がうまく働きません。

 

それを心理療法を用い

抱えている問題の整理をしていき

今の現状を確認する。

 

そして、手に入れたい未来を現実的に手に入れるために

なにが必要なのかを探っていく

 

 

 

そんなセラピーを体験してみませんか?

 

 

 

f:id:megukokaneko:20190804220331j:plain



 

 

megcocoro.hatenablog.com

 

大阪でリトリーブサイコセラピーの基礎講座が

始まります。

心の勉強をしながら自分と仲間と向き合いが出来る6日間です。

1人では体験できない貴重な時間です!

 

www.yourexcellence.jp

 

 

 

 

見てもらいたいという気持ち

こんにちは

心理セラピストのかねこ めぐこです。

 

広島でリトリーブサイコセラピーという心理療法で悩んでいる方の問題解決のお手伝いをしています。

 

心理セラピーをもっと身近に

あなたの人生を歩めるように

 

 

前回の続きです。

megcocoro.hatenablog.com

 

 

自己重要感、自己肯定感の低いまま仕事をしているSさん。

上手くいったときには自分はここに居てもいい。

上手くいかなかったときには消えてしまいたい。

大げさですが、そんな風に感じながら仕事をしていました。

実際に死ぬとか、そういうことはしないのですが

いつもここに居るための権利を守るために

必死で失敗しないように仕事をしていたのです。

 

 

だから今回新人が入ってきたときに

自分の居場所を取られてしまうのではないかという恐怖を感じたとき

自分をまもる手段として

全てを自分一人で抱えてしまうという手段をとってしまったのです。

 

 

今回のように極端なことは今までは無かったのですが

似たようなことは過去にも思い当たることがあるSさん。

 

人に任せることが出来ず

極端に比較されることを恐れる背景には

Sさんの育ってきた環境が関係ありました。

 

 

f:id:megukokaneko:20190701205813j:plain

 

Sさんは二人姉妹の長女

妹とは年子でしたのでほとんど一緒に過ごしていました。

 

さいころから妹と比べられてきたSさん。

親せき、近所の人、先生、そして親からも、いつも妹と比べてられてきていました。

 

特に母親は、妹を褒めた後に「それに比べてあなたはね~~」と言われるたびに自分の心がえぐられ、消えてしまいたくなるのを感じてしまうのです。

 

歳も近く、比べやすい存在なのかもしれませんが、Sさんにとっていつも比較されることはとても辛いことでした。

 

なぜか自分が妹より下に扱われ、なぜか笑いものにされ、なぜか出来ていない子供なのを感じる。

 

それを誰もが否定するわけでなく受け入れられているということは、

これが正しいことなのかもしれない、と真実のように思うのです。

 

 

妹のほうが顔もかわいく、運動、勉強、何においても敵わない自分。

親からの愛情も妹の方にしかいっていない。

褒められてばかりの妹は素直なままで得で、素直でかわいい妹は誰からも好かれる。

一緒に居る私はあの子がいるせいで低く見られてしまう。

劣等感を刺激される。

 

 

妹を見ていると自分の中からどす黒い嫌な感情が溢れてしまうのを抑えきれず、

就職を機に家を出てからは距離を取ったまま今まで来ていました。

 

 

 

妹の幸せそうな様子をどこかから聞いてしまうと嫉妬と恨みで自分が飲み込まれそうになる。

 

 

 

そうやって妹に恨みを向けることで、自分を見ることなく比べ続け否定してきた親への気持ちに対して蓋をし続けてきたのです。

 

 

 

 

 

本当に怒って怨んでいた相手は妹ではなく両親です。

 

 

見てもらいたかったのは両親、特に母親でした。何をやっても自分を見てもらえないのは妹がいるからだ。妹さえいなければ自分を見てもらえる、比べられなければ自分を褒めてもらえるかもしれないと言う期待。

 

f:id:megukokaneko:20190701210544j:plain

 

 

妹がいなくなったら、本当に見てくれるでしょうか?

 

 

 

母親がSさんを受け入れられなかったのは母親に似ていたからということがセッションで見えてきました。

お母さん自身が自分を嫌いで受け入れてなかったので、Sさんに対して拒否をし、否定の言葉をかけ続け、自分に似ていずに更に自分を飾ってくれるような妹に対しては偏った愛情をかけて育てるということをしていたのです。

 

妹がいなくなってしまっても、母親が自分を見てくれないかもしれないことを何となく感じていたので、目を逸らしていたいのです。

 

見捨てられないように出来る自分を装いつつも諦めていた。

殻にこもって現実から目をそらすことで、自分を守る。

親を嫌いにならないように怒りの矛先を変え

大好きな気持ちを守る。

 

 

自分の中の小さな子供が泣いていました。

 

 

Sさんが自分の中の問題に向き合い、

怒りの対象を両親に戻し

傷ついた心を癒していくと

あんなに周りから欲しがっていた居場所を

自分で自分に認めてあげれるようになり

 

周りの人や新人と協働をしたいと思うようになったそうです。

周りは自分の居場所を奪う存在ではないと。

 

 自分を守っている時には気づけない優しさを受け取ることが出来るようになったSさん。

 

 

 

あなただとしたら、何を選びたいと思うのでしょうかね?

 

 

 

f:id:megukokaneko:20190608223232j:plain

 

 

 

 

 

megcocoro.hatenablog.com

 

大阪でリトリーブサイコセラピーの基礎講座が

始まります。

心の勉強をしながら自分と仲間と向き合いが出来る6日間です。

 

www.yourexcellence.jp

 

 

出来ない自分を他人に見られたくない

こんにちは

心理セラピストのかねこ めぐこです。

 

広島でリトリーブサイコセラピーという心理療法で悩んでいる方の問題解決のお手伝いをしています。

 

心理セラピーをもっと身近に

あなたの人生を歩めるようにサポートします!!

 

 *

 

今日中国地方はも梅雨明けが発表されました。

早速うだるような暑さでしたね。。。。

熱中症には気をつけましょうね、お互い

 

f:id:megukokaneko:20190725203538j:plain

 

 

 

 

 

職種によっていろいろあるかと思いますが

たいていの仕事は複数の人間で協力して行うと思います。

1人で出来ないことをみんなで補いながら運営していく。

誰か一人が負担にならないように。

いざという時にサポート出来るように。

 

 

 

Sさんはとても怒っています。

 

今まで一人で業務を担当していましたので

とても忙しくしていました。

 

それを見ていた上司が

忙しさの緩和とこれからのことを見据えてと、

新人のスタッフを配置してきたのです。

 

 

 

とはいえ入ってきたのは新人。

すぐに仕事が出来るわけもなく

指導をして育てるという

仕事が余計に増えただけ。

 

 

今抱えている仕事もあるのに、

忙しいと言っただけで

増員して欲しいなんて言っていないのに!と

内心腹が立っていました。

 

 

結局スタッフが増えたのに

そのスタッフには雑用しか与えず

Sさんは前と同じまま抱え込んだまま。

 

相変わらず「忙しい」と愚痴をこぼしています。

 

そのことで上司から注意を受けるのも納得いっていません。

 

 

 

経験者じゃないからすぐに使えないし

いちいち指示をしないといけないのなら

自分の時間を取られてしまって返って忙しくなっただけ

なんの役にも立たないし

しかもその子のせいでとばっちりくらって注意されるのも納得いかない

なんて迷惑な話!

 

f:id:megukokaneko:20190725203625j:plain


 

 

 

今まで忙しい忙しいと言っていたのはSさんです。

会社としては、働き方改革もあり

一人の負担を減らしていく流れで

改善を促すためにも、残業を減らしてというと

Sさんは

「手一杯だから、出来ない」と言ってはねのけてきたのです。

 

 

それを埋めるためにスタッフを配置されたはずなのにそれもいらないと言う。

 

いったいどうして欲しいのか

全く分からないと

上司も困っていました。

 

Sさん自身も内心このままでは良くないと

思ってはいるのです。

ですが、忙しさを理由に改善について

今まで向き合わずに流し続けてきて

どうしたら良いのか

自分にこれ以上何を求められているのか

分からない状況になっていました。

 

 

 

 

f:id:megukokaneko:20190609080657j:plain

 

 

Sさんの話を聞いていくと

自己肯定感、自己重要感が非常に低く

自分に自信が無いことが分かりました。

 

 

もし新人に仕事を任せて、

自分が必死になってやっていたことを

簡単にされてしまったならば

面子は丸つぶれ、自分の価値も無くなるかもしれない。

仕事もスタッフに奪われてしまうと

自分ここに居る価値が無くなるのではないかということ

恐れていたのです。

 

 

周りに役に立たない自分がバレてしまったら

不要な人間だと思われてしまう

 

 

それを必死に隠していたのです。

 

 

 

抱え込めば抱え込むほど

自分の限界を超える仕事を恐れ

新しい挑戦が出来ない

仕事を受けてしまったならば

人に任せることが出来ないので

無理をしてこなすようになる。

だから最初から忙しい雰囲気を出すことで

仕事を任されないようにする

 

これをしていると成長できないのですが、

 

 

実は良いこともあるのです。

 

 

 

挑戦を嫌って、しないことで

失敗をすることがありません。

失敗をしないでいると

自己肯定感を貶されることもないのです。

 

 

自己肯定感の低さがSさんの行動に制限をかけていたのです。

 

 

さて、ここからが問題です。

 

 

失敗しないことが、Sさんの生きたい生き方だったのでしょうか?

もしも自己肯定感や自己信頼感が高かったとしたら?

 

その時、何を選びたいと願うのでしょうか。

 

 

 

続きます。

 

 

モニター募集しています

 

megcocoro.hatenablog.com

 

大阪でリトリーブサイコセラピーの基礎講座が

始まります。

心の勉強をしながら自分と仲間と向き合いが出来る6日間です。

 

www.yourexcellence.jp

 

結婚したいけど、したくない

 

 

こんにちは

広島県でリトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト かねこ めぐこ です。

 

 

 

暑い日が来てますね。

湿気も多く、余計に疲れます。

今年の夏は、、、どうなるのか😵

早寝早起き、体力もつけて乗り切りたいです。

 

f:id:megukokaneko:20190724142118j:plain


 

 

30代前半のKさん

そろそろ周りの友達も結婚したり、子供が出来たりと

環境の変化を感じています。

もしもいい人がいたら、私も結婚出来るのになあと

常々思ってはいるのです。

出会いが無いので仕方がないと感じつつ、

それでも最近はインターネットの婚活サイトに登録をしてみたりしてはみたのですが

実際には何も起きていません。

 

結婚できないとどうなるんだろう。。。

 

 

という漠然とした不安をぬぐえないまま

毎日が過ぎていくのです。

 

 

そんな Kさんになんと恋人が出来たのです!

相手からのアプローチでとんとん拍子で付き合うことになりました。

積極的な人で、Kさんは押され気味ですが、

親も気に入ってくれ、相手も乗り気で話が進んで行っている。

 

 

これはこのまま結婚できるのかもしれない・・・!

 

 

f:id:megukokaneko:20190724142259j:plain

 

ところが。

幸せなはずなのになぜか憂鬱になっている。

マリッジブルーというもの?

ふっと気をぬくと憂鬱になっていることが増えている。

結婚は憧れていたはずなのに、いざ結婚が目の前に来てしまうと

だんだん気持ちがふさいでいくのです。

相手は良い人だし、他に気になる人がいるわけでもない。

年齢的にもちょうどいい。

 

けど、まだ今じゃなくてもいいんじゃないかなと、思ってしまうのです。

 

 

 

結婚するということは親の家から出て

相手の人と家族を築いていくこと

私ひとりでやっていくなんて自信が無い、不安しかない。

それに私が家から出ていってしまったら、残されたお母さんはどうなるのかな?

お父さんはいつも身勝手で苦労ばっかりお母さんにかけてきた。

お母さんを一人にしてしまったら心配。。。

 

 

実はKさん、母親から離れてしまうことにとても不安を感じていたのです。

 

 

 

 

そもそも結婚自体もKさんが本音で望んでいたわけではなく

周囲の流れや親の期待を受け

そろそろ結婚しないといけないんじゃないか、

と感じていたからなのです。

 

 

Kさんは親の期待に応えるために結婚しようとしていたのです。

 

 

 

さいころから親の期待に応えるために生きてきたKさん。

勉強や習い事など一生懸命に頑張ることもすべて親の期待に応えるため。

親の期待に応えることが出来ていると

両親、特に母親はとても機嫌良くしてくれていました。

いつもお父さんに困らされていたお母さんを笑顔にさせることが出来る。

喜んでくれ、褒めてくれ、愛情を与えてもらえる。

喜んでいてくれたらそこに居場所があるように思えていたのです。

 

母親の期待に応えることが目的の結婚だったので

母親も喜んでいてくれていたのですが

内心ではKさんが離れていくことに不安を感じている。

なぜなら、母親の不安や機嫌は娘であるKさんが取り続けていたので

そのKさんがいなくなってしまうということは

母親にとっては自分の感情のお世話をしてくれる人がいなくなってしまう。

 

 

その母親の心境の変化も機微に感じ取ってしまう。

 

f:id:megukokaneko:20190614222848j:plain

 

 

 

 

 

自分の人生を使って母親のお世話をしていたこと

それに気づいたKさん

 

 

セラピーでは両親の期待に応えることでしか

居場所を感じることが出来なかった

Kさんが繋ぎとめることで家を壊れないように守っていた

 

そんな

孤独感や哀しみや怒りを

 

解放していきました。

 

 

 

そして、一度結婚を白紙に戻し

 

これからは母親の期待に応えるためではなく

自分の気持ちを大事にして

彼と過ごす時間を大事にしながら

付き合いを続けています。

 

 

 

 モニター募集しています

目には見えない問題の整理をしてみませんか?

 

megcocoro.hatenablog.com

 

大阪でリトリーブサイコセラピーの基礎講座が

始まります。

心の勉強をしながら自分と仲間と向き合いが出来る6日間です。

 

www.yourexcellence.jp

 

誰のための人生を生きる?

 

こんにちは

心理セラピストのかねこ めぐこです。

 

広島でリトリーブサイコセラピーという心理療法で悩んでいる方の問題解決のお手伝いをしています。

 

心理セラピーをもっと身近に

あなたの人生を歩めるように

 

f:id:megukokaneko:20190614221939j:plain

 

 

 

我慢しなさい

ってよく言われていた

 

苦しくても

辛くても我慢する

 

みんな我慢している

我慢して頑張っていたら報われる

我慢することに意味がある

 

そう信じて生きてきた。

 

我慢することが当たり前になり

我慢しているという感覚すらなくなっていく

 

けれど

我慢していないような人を見ると

むかつきを感じ

もっと我慢できるはずと

相手を責め、

耐えることが出来ない

出来ない奴と蔑む

 

 

そうやって小さな自分のプライドを守る。 

 

 

我慢していることは

当たり前なんだけど、

なぜか生きていくことが苦しくなる。

全ての欲求を我慢している私は

何のために生きているのかな?

 

 

f:id:megukokaneko:20190719221755j:plain

 

 

ふと周りを見ると

 

自由に

言いたいことを言って

やりたいことをやって

時にはぶつかったり

しながら生きている。

 

 

 

我慢することは慣れているはずなのに

 

なのに。

無性にうらやましくて仕方がない。

身についたメリットは手放してしまうのが怖くて

 

自分の今までを否定してしまったら

何をよりどころにこれから生きていけばいいのか

わからなくなる。

 

不安を感じて動けなくなりそうで

動けなくなってしまうと

私は生きていけそうにない。

 

 

私は

 

自分の人生を生きることを我慢してきた。

自分の人生を生きることが怖かった。

 

f:id:megukokaneko:20190719222322j:plain

 

このまま目をつむったまま

誤魔化しながら生きていくことも出来る

 

けどさ、一度しかないんだよね、人生って。

これだけは誤魔化せなくて

 

私として今ここで生きていく人生は 

今しかないと思うと

 

今のままの生き方でいいのかなって

思ったんだ。

 

 

 

だから

 

まず一歩

人生変えたくて

踏み出してみたのが、始まり。

 

 

f:id:megukokaneko:20190719222740j:plain

 

 

 

一緒に一歩を踏み出してみませんか?

 

モニター募集しています。

 

megcocoro.hatenablog.com

 

大阪でリトリーブサイコセラピーの基礎講座が

始まります。

心の勉強をしながら自分と仲間と向き合いが出来る6日間です。

 

www.yourexcellence.jp

 

素直に好きと言えたなら

こんにちは

心理セラピストのかねこ めぐこです。

 

広島でリトリーブサイコセラピーという心理療法で悩んでいる方の問題解決のお手伝いをしています。

 

心理セラピーをもっと身近に

あなたの人生が輝くお手伝い

 

 

f:id:megukokaneko:20190715231218j:plain



 

 

大好きな人と暖かくつながる

きっと、そんな関係を皆さん望んでいると思います。

 

けれど愛情を出し惜しみしていたりしませんか?

そんな時に何が起こっているのでしょうか?

 

 

 

好きな気持ちがばれてしまうのが怖い

 

 

告白されるように仕向ける

主導権を握ってうまく付き合う

恋愛は好きになったら負け

 

 

どこかで聞いたことがある言葉です。 

 

 

自分が相手を好きなことを表現してしまうと

負けたような気がしてしまうのです。

人との関係のベースが勝ち負けだと思っているのですよね。

 

 

 

相手にどれだけ好きになってもらえるか?

好きだということを、どれだけ形で表現してもらえるか?

 

電話もラインも自分からが多いと

自分の方が好きだと思われるような気がして

そんなことを考えて、なかなかすることが出来ない。

ずっと待っていることで

相手からのアクションをもらえることで

相手の好意を確認出来、自分の優位さも確認出来る。

相手の好意を確認できると安心できる。

こちらからも連絡しても大丈夫だと思える。

 

こんなに人を試してしまう自分が大嫌いだけど

試さずにはいられない。

 

 

f:id:megukokaneko:20190331211658j:plain

 

 

 

愛は利用???拒否は死???

 

 

好きな気持ちがバレて負けてしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

 

 

都合のいいように利用されてしまう。

好きなのだからと、相手の全てを受け入れなきゃいけないと思って断ることができなくなる。

好きだったら当然と、色んなことを許してしまう。

好きになると相手のすべて受け入れないといけないと思っています。

 

もし断ってしまうと、拒否してしまうと

相手が死んでしまうんじゃないかと思うと罪悪感を感じて断るなんて出来ない。

 

 

まず徹底的に自己肯定感が低いです。

自分は劣っていると信じているので

たとえ酷い扱いを受けたとしても受け入れてしまいます。

 

その根本は育ってきた親子関係からきている可能性があります。

 

 

 

f:id:megukokaneko:20190616202808j:plain

 

 

 

お互いを尊重する関係を、選ぶ

 

 

愛情は利用するためにあるのではありません。

相手を慈しみお互いを大事に思う時に湧いてくる自然な感情だと思います。

 

 

自分が相手を想う気持ちを

相手の都合の良いように扱われることを受け入れてしまう

 

そんな相手に対してNOと言えないのはあなたの問題なんですよね。

 

どうしてNOと言えないのでしょうか?

 

 

  • 親に好きという気持ちを利用されてきた
  • 支配的な親に育てられた
  • 愛情を求めたら拒否や拒絶された
  • 虐待・拒絶、否定、無視、無関心を受けてきた
  • 親に拒否されたりストレスのはけ口にされて来た
  • 自分の考えを抑えつけられてきた

 

こんなことが考えられます。

 

 

f:id:megukokaneko:20190614223433j:plain

 

 

利用されることで傷ついてきた過去を持つあなたが

利用することでしか人と繋がることが出来ない。

これって、とても悲しいことなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

利用ではなく対等に人と付き合っていきたい。

 

 

心理セラピーで

あなたの中で何が起こっているのかを

見ていきませんか?

 

心理セラピーモニター募集しています

 

megcocoro.hatenablog.com

 

大阪でリトリーブサイコセラピー基礎講座が始まりますよ!

人生の激変コース!


www.yourexcellence.jp

ただ好きだという気持ち

こんにちは

心理セラピストのかねこ めぐこです。

 

広島でリトリーブサイコセラピー®という心理療法で悩んでいる方の問題解決のお手伝いをしています。

 

心理セラピーをもっと身近に

あなたの人生を歩めるように

 

 

f:id:megukokaneko:20190713214707j:plain

 

 

 

 

 

映画アラジンを観てきました!

映像も素晴らしかったのですが、役者さんの演技に感動しました。

アニメで展開はあらかた知ってはいたのに、泣いたり笑ったりしていました。

楽しかったのでまた観たいなー

 

おススメですよー!

 

 

 

 

さて今日は前回の続きです。

 

megcocoro.hatenablog.com

 

 

 

過去をひも解く

 

リトリーブサイコセラピー®では

Hさん本人の幼少期の親子関係を見ていきます。

 

 

実はHさん自身も片親で育てられて来ました。

とても孤独な子供時代を送ってきていた過去。

母親が家にいることはほとんど記憶になく、放っておかれてきたHさん。

母親が苦労しているのは、私のせいだ。

だから私は我慢しないといけない。

頑張らないといけない。

お母さんが幸せになるまで、私は幸せになっちゃいけない。

楽しそうにしていちゃいけない。

 

 

 

私のせいでお母さんは苦労しているんだから。

だから寂しいなんて思っちゃいけない

文句を言えばいなくなってしまう

死んでしまう

いなくならないで!

f:id:megukokaneko:20190714100137j:plain

 

 

実際、お母さんが精神的に不安定になって自殺未遂のようなこともあったそうです。

親子2人の家庭で、小さかったHさんにはその時の恐怖がどれほどのものだったのか、想像するのは難しくないと思います。

 


幼少期より母親とべったりと共依存状態
親の感情のごみ箱になることでしか居場所を得ることが出来なかった
自分を殺し親と一心同体となることで親を慰めていた
親の問題まですべて自分のせいだと言われ続けてきた

 

そんな経験があり、Hさんは全てを「自分のせい」にすることで全てを納めてきたのです。


 

心の中で眠る孤独感と恨み

 

 

自分のせいにしておくことで

相手を責めなくていいのです。

母親に対して恨み言を言うこともなく

母親の望む良い子で居られた。

そうすれば悲しませることも怒らせることもない

見捨てられることもないはず。

いなくなってしまわない。

 

 

全部自分のせいにしておけば、

 

そばに居続けてくれる。

 

 

 

母親から放っておかれている寂しさや

どんなに頑張っても報われない気持ちから目を逸らし、本当は感じていた怒りも無視して、今まで通り付き合っていける。。

 

 

 

けれど苦しいのです。

 

本音が暴れ出そうとしているのを抑えている状態なのです。

 

 

 

今の私は、あなたが私をこういう人間に育てた結果でしょう?

私にはどうしようもない!

親に我慢して、尽くてきたせいで今の私は苦労しているし、幸せになれない!

 

 

私がこんなに苦しいのはお母さんのせいだから

ほら、私を見て、不幸でしょ?

あなたのせいよ!と。

 

心の中ではとても苦しんでいるのです。

f:id:megukokaneko:20190714101103j:plain

 

本当は責めたいわけではない。

けれど責めたい気持ちが湧いてきてしまう。

自分のせいにしておかないと、

相手を責めてしまいそうで怖い。

けれど、もし相手を責めてしまえば

自分の元からいなくなってしまう。

それは生きていけないほどの恐怖なのです。

 

 

そして相手を実際に責めることないので

現実は変わらず

心の中では恨み続ける

 

 

親に実際に求めることが出来なかった気持ちを

心の中で求め、泣き続けているのです。

 

私の孤独を埋められるのはお母さんだけなのに

一人にしないで!いなくならないで!

 

f:id:megukokaneko:20190713225342j:plain

 

 

その悲しみや怒りは母親には向けれないまま

 

 

 

孤独感の底にある求める気持ち

 

 

Hさんは求めるという行為の代わりに、恨みを隠し持つということで精神的な繋がりを持っていました。

 

本当は欲しかった暖かい繋がりではありません。

それは諦めるしか無かった。

 

ですから、例え恨みや自分を責めることであっても

繋がりを持てるのであれば、

孤独じゃなくなるのであれば

 

それでも良いと思ってしまうほど

 

それほど孤独で、寂しかった。

 

 

 

孤独感を持っていれば、親と繋がりを求めていられる。

孤独感が人と繋がりを求める原動力になっていたのです。

 

孤独感を原動力に人と繋がりを求めていくと、常に孤独感を埋めるための行動になってしまう。

 

 

孤独感に目を背けるのではなく、目の前の人と好きという気持ちで繋がりたい。

本来の願いに気付いたHさんは自分の中の問題を解決するために、自分の心に向き合うことを決めたのです。

 

 

 

小さなあなたの声に耳を傾けて下さい。

 

「そばにいて」という

隠し続けた小さな小さな声。

 

 

 

 

過去の親や起きた出来事は変えることは出来ません。

 

 

しかし、孤独な気持ちを認め、傷ついた経験を癒すことは今からでも十分出来ます。

 

 

まずあなたがあなたに伝えるのです。

 

あなたは1人じゃないよ

私がいるよ

辛かった気持ちは私が一番知ってるよ

 

 

と。

 

 

f:id:megukokaneko:20190714104156j:plain


 

 

その時に1人では難しい時や怖い気持ちが強く、進めない時には専門家に頼ってみてくださいね。

 

 

 

リトリーブサイコセラピーで問題を解決しませんか?

モニターさんを募集しています!

 

 

megcocoro.hatenablog.com

 

大阪でリトリーブサイコセラピーの基礎講座が

始まります。

心の勉強をしながら自分と仲間と向き合いが出来る6日間です。

 

www.yourexcellence.jp